紫外線をカットできるUVコーティングが魅力的

男性
フローリング

床の表面を傷から守る

業者にフロアコーティングを依頼したときの作業の流れは、まず床の確認をして傷や穴があった時には、コーティングをする前に補修をします。次に養生を行い剥離剤を使って既存のコーティングを剥がし、下地材を塗ってからフロアコーティングをする流れになります。

作業服の人

フローリングの汚れ防止に

フロアコーティングは、床を傷や汚れを予防する施工のことです。ホームセンターなどで液剤が販売されていますが、ムラなく塗ることが難しく、仕上がりを重視するなら業者に依頼するのがおすすめです。種類も豊富で、目的に合わせた液剤を選んでくれますし、長期保証もあるので安心です。

瞬時に乾くコーティング

男性

利点の多い方法

施工をすることにより、フローリングの保護ができ、美しい光沢が長期間続くフロアコーティングの中でも、近年UVコーティングの人気が高まっています。UVコーティングの特徴は、液剤を塗布した後紫外線を当てることによって瞬時に効果するため、短期間での工期で施工をすることができます。そのため、新築時にはもちろん、リニューアルのときに最適な方法です。UVコーティングの液剤には、アレルギーを起こす物質は入っていなく、無公害かつ省資源に貢献することができます。UVコーティングによる仕上がりは、透明感のある光沢が特徴で、高級感のあるフローリングになります。耐用年数は20年以上あり、日常のメンテナンスは、水ぶきだけで充分で、酷い汚れのときには洗剤への耐性もあることから、洗剤を使っての掃除も可能です。他にもUVコーティングは滑りにくいためペットや子供や老人がいる家庭にも安心で、木材以外の床であっても施工ができる特徴があります。UVコーティングに関わらずフロアコーティングをするには、均一な厚さに塗る技術が必要で塗り直しが基本的にできないことから業者に施工を依頼するのが一般的です。特にUVコーティングでは、塗布の後に紫外線照射をすることになり、特別な器材が必要になるため、業者でなければ施工をすることができません。信頼のおける業者にUVコーティングを依頼して、メンテナンスフリーなフローリングを得て、時間を有意義に使って下さい。

床

フローリングの塗装

フロアコーティングの依頼をする際の業者選びは、実績を重視して選択しましょう。新しい業者は安い塗料を使用するので、自分でワックスをかけるのと大差ありません。適切に混合された樹脂でコーティングされた床は掃除も簡単になるので、信頼できる地元の業者を利用しましょう。