紫外線をカットできるUVコーティングが魅力的

ウーマン
  1. ホーム
  2. 床の表面を傷から守る

床の表面を傷から守る

フローリング

業者が行う作業の流れ

フロアコーティングを業者に依頼するときには、業者が行う作業の流れを知っておくことで、スムーズに作業を行ってもらえます。業者がフロアコーティングをする時の作業は、まず顧客と一緒に施工する箇所の確認を行い、作業する内容の説明を行います。施工する部分に傷や穴がある場合には、フロアコーティングをする前に補修をして傷や穴を埋めます。床の傷や穴が目立つ場合でも、補修をしてからフロアコーティングすることで、ほとんど目立たなくなります。床の補修が終わったら、フロアコーティングの施工にかかる時間を顧客に伝えて、コーティング剤が他の部分に付かないように養生します。養生はビニールやマスキングテープをドアや壁に張りますが、施工が終わったら綺麗に剥がせるため、心配しなくても大丈夫です。養生が済んだら剥離剤を使用して、フローリングに付いている既存のコーティングを剥がしていきます。剥離剤で既存のコーティングを剥がしたら、床を乾かした後でアルコールによって殺菌します。既存のコーティングを剥がすと傷が付いている事があるため、目立つ傷は補修します。アルコールでの殺菌が終わったら、フロアコーティングの密着性を高めるために、専用の下地材を塗っていきます。下地材を塗って1時間ほど床を乾燥させた後に、フロアコーティングを行うためのクリーニングをします。クリーニングが済んだら、床にフロアコーティング剤を塗っていき全ての施工が完了します。作業が終わったら、フロアコーティングを施工した部分の確認を行い、問題がなければ引渡しとなります。